日常を書きつづる


by siywxkkghy

春のお彼岸、お墓参りはいつ行く?(産経新聞)

 春のお彼岸は「お墓参り」のイメージがありますが、今どきミセスの家庭ではどんなタイミングでお墓参りをしているのか聞いてみました。

 お墓参りによく行くのは「お盆」が全体で63%でトップ。次いで「お彼岸(春)」48.5%、「お彼岸(秋)」44.7%。ほかに、帰省に合わせても多いようです。

 20代と50代を比べると、「お盆」や「正月」にお墓参りに行く割合は差がありませんが、「お彼岸(春・秋)」では、50代は半数以上が行くのに対し、20代は2割台と激減します。

 今後のお墓参りの頻度は「今と変らない」が61.8%の一方、「減りそう」も14.6%。その理由は「子供ができて行くのが大変」(29歳)、「交通費・時間がかかり過ぎる」(38歳)、「子供が成長すると帰省回数が減る」(36歳)などが上がりました。

                   ◇

 リビングくらしHOW研究所調べ(ウェブ調査)。1月18〜21日、有効回答数1346。

【関連記事】
廃れる先祖への敬慕 戸籍も墓も個人単位
裁判員制度 辞退理由の事例をデータベース化
「名に恥じない仕事を」 首相、祖父の墓前で報告
歴史アイドルの美甘子、出版記念イベント開催へ
長男の思い出、遺骨と一緒に埋葬へ JR脱線事故遺族

<戸田市長選>神保国男氏が4選(毎日新聞)
カーネル人形が甲子園そばの店で「接客」(産経新聞)
<普天間移設>「日米交渉は岡田氏が主役」防衛相(毎日新聞)
<訃報>前川八郎さん97歳=プロ野球巨人の最高齢OB(毎日新聞)
西日本中心に気温上昇、強風=大分で29.3度、記録続出−低気圧接近、警戒を(時事通信)
[PR]
by siywxkkghy | 2010-03-24 15:02